寿信の旅 
2011.5.21 尾瀬/oze 水芭蕉 

 
水芭蕉

 


 


 
 
 鳩待峠 駐車場 登山入口 ~山の鼻 3.3km

 
   
   
尾瀬山ノ鼻 ビジターセンター

 
 尾瀬ヶ原へ

   
 一級河川 「 川上川」 水が冷たくておいしい^^




新宿から190km高速の沼田をおり、老人温泉、戸倉温泉、八重桜の新緑の道をスイスイ、近くなると観光バスが入れない細い道をクネクネ、鳩待峠に着きます。

尾瀬日帰りハイキングコース
「初心者、スニーカーOK、雪が残っているので滑りやすいので注意してください」くらいのコメントでしたので、尾瀬~~と気軽にツアー申し込み。
小さな旅行社だったせいか、女の子の学生ばっかり、バスの道中は、まあ賑やかなこと。支度も軽装。
ひとりの男性やご夫婦、私みたいのも数人いました。

わーい尾瀬♪着いても運転手さんひとりだけなので、なんの説明もありません。
狭い入口、先はなにも見えません。ゲっていきなり雪の下り、ウヒョほとんど雪!やだ~~怖!歩けません。
板が出てきてほっとしたけれど、ぎっちょんちょん濡れた板が滑る、歩きだして5分ですってんころりん。(泣)
でもここまで来てなんなのでと少し歩くと、靴の底がパカパカ。
うそ~~、紐でしばり、10分もするともう片方もぱかぱか、両方とも底がはがれた。
ただでさえ歩くのに肝を冷やすのに、なんてこっちゃ(泣)でも、ここまで来たのだからと紐でしばると何とかなりそうなので、そのまま続行。
1キロくらいあるくと平地になり、念願の水芭蕉、綺麗な水が流れ、ほっとしてわ~~~い^^v
ビジターセンターとやらまで3.3kmそこから尾瀬ヶ原へ。
でも今回は、無理はやめて、尾瀬ヶ原のさわりだけを眺めて折り返し、元の道を戻ります。
行に降りた道を今度は、登るわけですから、気を取り直して雪道も慣れてなかなか快調、心配した上りも自分のペースでゆっくり、意外と早く戻ることができました。

お弁当をもっていたのですが、緊張で食べれず着いてからほっとして食べました。
人は、結構いましたよ。カップルもいちゃいちゃしてましたし。
私の歩いたところは一番の最短コース、尾瀬沼のほうに出る道は険しいようです。こちらは、重装備でなければなりません。
70くらいのおばちゃんがひとり、初めてですか?雪がにあるうちは来るもんじゃないね。枯れ枝を両手にもって一歩一歩登っていました。
上の売店で、長靴貸します。500円なんだ~借りればこんな怖い思いしなくてよかったのに~。ほかのバス会社では、説明があったようです。
ま、ひとまず無事でよかったです。ほっ^^V

※ 残雪期(6月下旬まで)は、スニーカーでは危険です。




inserted by FC2 system